おっぱいトラブル!乳腺炎?!でも、赤ちゃんに飲ませていいの?

おっぱいトラブルのイメージ画像

横浜市保土ケ谷区にある母乳と育児の相談室「スマイルベビー」の助産師です。母乳育児中のお母さまのお役に立ちたいと、科学的な根拠と経験に基づいてこのブログを書いております。参考にして頂きたいと思いますが、すべての人に当てはまるとは限りません。必要に応じて助産院や病院を受診して専門家に相談なさることをお勧めします。

乳房のおっぱいトラブルってどんなかんじ?

母乳育児期間中のおっぱいのトラブル。痛みを伴ったり、気持ちも落ち込んだり、体だけではなく気持ち的にもとてもつらいですね。

乳頭(おっぱいの先)や乳首に傷ができるようなトラブルもありますが、今回の記事では乳房のトラブルを起こしている場合に焦点を当てます。

乳房の一部が固く、飲ませても柔らかくならない。その部分を押すと痛い、または何もしなくても痛い、腕を上げると痛むなど、痛みを伴うこともあります。

鏡に映してみてみると、その固い部分のあたりがピンク色~赤色になっていることもあります。

そして、乳房が熱を持ったり、場合によってはインフルエンザなどに罹った時のようにブルブルと寒気がして一気に高熱が出ることもあります。

症状は人それぞれです。また、同じ人でもその時によって症状が違います。全部当てはまる時もあれば、一部、例えばしこりと押したときの痛みしかない時もあります。

おっぱいトラブルの時、赤ちゃんに飲ませてよいの?

そういう状態のとき、おっぱいを赤ちゃんに飲ませて良いのか?

答えは、飲ませても良いです。

自分でしぼる方もいますが、頑張っていつも以上にどんどん赤ちゃんに飲ませて吸い出してもらってほしい、というのが20年近く母乳育児相談を行っている助産師の私の本音です。

自分でしぼる時、どうにか良くしようと必死になり、力任せにゴリゴリ、グイグイやってしまいがちです。

痛いのを我慢して、自分で必死に必死にしぼった結果、乳頭や乳輪の付近がむくんでしまって更に乳汁が出にくくなってしまう方もいらっしゃいます。

また、流れが悪くなっている腺からうまく出せないままにしぼることで、おっぱいに刺激だけ与えてしまい、その刺激によって乳汁がさらに作られて、さらに固い部分が大きくなってしまう場合があります。

経験上、それよりも赤ちゃんにしっかり飲ませて、吸い出してもらうことに集中した方がよくなっていくことが多いです。

どうして赤ちゃんに飲ませたほうがいいの?

授乳中の乳房トラブルは、乳汁(おっぱい)がうまく流れるようになると良くなっていきます。

飲ませるのをやめてしまうと、乳汁が滞ったままになり、むしろ悪化していってしまいます。

(自分でしぼるという方法もありますが、前述のように悪化させてしまうこともあるので、力でしぼらないようにして、しぼった後に乳首や乳輪が腫れていないか、しぼる前に比べて乳房のしこり(固い部分)は大きくなっていないか、よく観察してください。)

赤ちゃんがしっかり飲んでくれて少しずつでもいいから乳汁が流れてくれることが大切です。

赤ちゃんにどんどん飲ませて、半日経っても乳房のしこり(固い部分)が小さくならない、大きさが変わらない、または大きくなっていくという場合は専門家に相談しましょう。

 

次回はおっぱいトラブルを起こしている時にあかちゃんにしっかり飲んでもらうための工夫、次々回はどこまでセルフケアで様子をみるのかについてこのブログに投稿する予定です。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA